Gitがスーパー理解できる!超絶オススメの無料アプリをご紹介します

プログラミング

せんせー、gitがよくわかりましぇん

gitってよくわかんないですよねー。笑

プログラミングにはもはや必須とも言えるgitですが、コマンド中心の操作だったり、慣れないうちはちょっと取っつきづらいものです。。

gitについての質問は周りからもよく受けていて、勉強会でシェアするテーマとして取り上げた時に、なんかいいツールないかなーと思って探してたんですね。そこで調べたところ、かなりいい感じのツールを見つけました!

実際、勉強会の中でみんなにシェアしたところ、「今までで一番分かりやすかった!」「いろいろ試せて楽しいっ!」みたいな感想をたくさんいただけちゃったので、今回はコレをご紹介します!

いやー、僕も1年前に知りたかった。笑

どんなツールなの?

Resources to learn Git』は、なんとGitHub公式のオンライン学習ツール集です。無料な上に公式ってことなので、安心感も信頼感も◎ですね!

トップページからは、読みもの系も含めていくつかのコンテンツに分かれています。今回はその中で特にオススメな『Learn Git Branching』『Visualizing Git』のふたつをピックアップします!

Learn Git Branching

Learn Git Branching』はProgate感覚のWebアプリで、ミッションをこなしながら学習することで着実にステップアップできます。

日本語完全対応で、分かりやすい説明とカラフルな図やアクションなので、ホントにゲーム感覚で楽しく学べちゃいますね。

あとスゴいのが、commitやpushなどの基本操作はもちろん、cherry-pickやrebase、さらに上級の使い方まで網羅されているので、これだけでかなり深いところまで理解できちゃいます!

Visualizing Git

※トップページからのリンクは(執筆時点)httpなので、うまく起動しない時はhttpsに手打ちで変更してあげるかこちらからアクセスしてみてください。

Visualizing Git』は、gitの挙動を手軽に試せるWebアプリです。Webアプリなので環境構築の必要がないですし、プロジェクトをぶっ壊してしまうこともないので(笑)、とにかくそういう手軽さが良いですね。

左がターミナルになっていて、下にコマンドの入力欄があります。上はその履歴や出力結果が表示されます。

左上のメニューから表示やリポジトリの状態を変更できるようになっていて、試したいコマンドに応じた環境をよしなに設定してくれます。

では、順番に紹介していきます!

Free Explore … 初期状態ですね。ローカルのみ表示

Free Explore with Remote … ローカルに加えて、originの状態も確認できます。

Upstream Changes … ローカルにない変更がoriginにされている状態。

Rewritten Remote History … 誰かがミスってoriginのコミットが消された状態。おこ。笑

Revert … 戻す系の操作用。resetしか知らない人のステップアップにも。

Cherry Pick … 文字どおり、cherry-pickのお試し用っぽいですけど、、、うまく表示されなかったです。汗

さいごに

特にVisualizing Gitは、デカいスクリーンで説明するのにとっても重宝しました。みんながPC上で実践しながら理解できるので、勉強した成果を披露するにもバッチリのツールだと思います!

Gitはもはやプログラミング以上に必要なスキルとも言えるので、こういったツールを活かしてガンガン上達しちゃいましょう!